2015年10月08日(Thu)06:06

授業の受け方で偏差値アップ?予習・復習・質問です!

Large 39ba2abd b227 4a04 aa30 505dcb93f132
授業の受け方で全く見える光景が変わります。たとえば、人はいつも知らないことを突然聞いたり、教えられたりすると理解するために戸惑ったり、考える時間も必要になるものです。部活動と勉強の両立など、時間がない中で効率よく勉強を進めるため、やりかたひとつで授業が全く違ったものになるのです。授業中、ずっと集中する必要もありません。気持ちよく授業を受けてみてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
1595 views

①予習

一番力を入れるべきところです。授業を受ける前に内容が分かっているのと分かっていないのでは授業中の理解が全く違います。授業中、先生が話していることが分からなくなり、理解が出来ず、おまけにその後の先生の話が聞けなくなることがあります。これを防ぐためにも最も大事な点だと思います。どんなに忙しくても教科書に目を通すだけでもいいので、必ずしておいた方がいいと思います。そして、できれば、英語の英文は声に出して3回くらいは読む。数学は例題の中で何が分かり何が分からないかを確認する。国語は指示語と接続語には印をつけることをやってみてください。

②授業

予習をしていることで余裕があり、特にわからなかったポイントを集中することができます。授業中集中し続けることは難しいので、分かるポイントは理解の確認、分からないポイントは理解するために集中することが大切だと思います。そして、二度聞くことになるので、記憶に残りやすくなります。要は家庭学習がより効率良くなります。

③復習

あくまで理解の確認と忘れることを防ぐためにもう一度問題を解くことを行います。授業中に分からなかったところの確認など、この時点で分からない点をそのままにしないことです。先生に聞くなどして、勉強の人間関係を作っていくことも大切なことです。先生と話をすると自分自身が具体的に何が分からない点なのかハッキリとわかってきます。ぜひ、実行してみてください。 あくまで、絶対に分からない点をそのままにしないことです。

Tags

高校の時に勉強したわけではないのですが、子供には勉強も部活も頑張れと言っている高校1年生の親です。社会人になってから勉強の大切さが分かります。どのようにしたら、モチベーションを維持しながら勉強できるのか、考えて行きたいと思います。宜しくお願い致します。