2015年12月28日(Mon)12:12

短時間でリフレッシュ!誰でもできる集中力持続6つの方法!

Large e3f4314f 3d24 43b0 86ce 11ccb4a96378
勉強時間が長くなってくると、疲れてしまうのは当然のことです。「でも、やんなきゃ・・・」と頑張る受験生の皆さん!短時間でリフレッシュすることで、勉強の質がUPしますよ!だらだらとやるよりも、短時間リフレッシュして勉強の効率をあげませんか?!
このエントリーをはてなブックマークに追加
1532 views

窓を開けよう!

こもりきりの部屋に、新鮮な空気を入れましょう。
新しい酸素が脳にいきわたり、スッキリとした感覚になります。

好きな音楽を聞こう!

好きな音楽を聞くと、リラックス効果があることは知られていますね。
1~3曲くらい決めて、聞くといいですね。
音楽は右脳を刺激してくれます。
難問に挑戦しているときは、新しいアイディアが生まれるかもしれませんね。

シャワーを浴びよう!

少し熱めの温度に設定して、頭からザーっとかぶってください。
滝に打たれているようなイメージです。
好みに応じて、体を洗ったりしてもよいですが、リフレッシュのためなら、浴びるだけでも効果があります。

散歩に行こう!

外にでると、家の中にはない、いろいろな匂いがあります。
花や草、風の匂いは、ココロと体をリラックスさせてくれます。
家の周りに自然がない!という方は、公園などもいいですね。
土の匂いや、子どもたちの声は、意外と落ち着くものです。

好きな物を食べよう!(ちょっとだけ)

筆者はアイスクリームがお気に入りでした。
カップアイスを3口食べて、勉強に戻り、集中力が切れそうになると、また3口たべて・・・
1個のアイスで1晩はちょっと食べ過ぎかな?
たまには、ご褒美があると頑張れちゃいますよね。

昼寝をしよう!

イスにすわったままや、机の上での昼寝は「15分」
寝る前にカフェインを取ることで目覚めもよくなります。
横になって眠れる状態なら「30分」
体も脳も熟睡モードになれる時間が確保されます。
起きた時のリフレッシュ度は高いですよ。

Tags

特別支援を中心に教員を10年やっています。子どもたちの未来が希望にあふれたものとなり、実現できるようサポートしてきたいと考えています。