2015年10月06日(Tue)18:06

短期間でセンター英語8割!センター英語上達の5つの勉強法

Large 1ecbd08e bde4 4054 a748 ea29d21a538a
センター英語の点数がなかなか上がらず、焦っている方はいるのではないでしょうか。今から紹介しますのは短期間でセンター英語を8割越えできる王道の英語勉強法をお教えします。この方法を実践できている方は少ないので、ここで学んだことに取り組んでセンター英語8割越えを目指しましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
5621 views

まずは語彙力

語彙力の必要性は言うまでもないと思います。しかし中々暗記できないという方が多いのではないでしょうか?

暗記のポイントはシンプルです。
一度覚えた単語でも何度も何度も繰り返し暗記し、瞬発的に日本語訳がでるようにしましょう。
この瞬発性が速読力をUPさせます。

私が工夫していたことは、100個ずつのブロックに分ける方法です。
今から1000個の単語を覚えるとするとブロックは①.②..⑨.⑩となります。
まずブロック①を完璧に覚え次に②を覚えます。その次は③を覚えるのではなくもう一度①②を覚えなおしてから③に取り掛かります

このような流れです
①⇒②⇒①②⇒③⇒①②③⇒④⇒①②③④⇒⑤⇒①②③④⑤⇒⑥.....

お分かりいただけましたでしょうか?
この方法なら着実に取りこぼし無く単語も覚えていくことができます。
単語は手持ちの単語帳で十分ですので、受験が終わるまで
その単語帳と添い遂げましょう!(笑)



発音、アクセント、文法、並び替え問題

多くの受験生がNEXTSTAGEのような参考書をもっていると思います。
このような参考書を徹底的に暗記するのも一つの手ですが、あまり深入りしすぎてはいけません。
あくまで模試10回分を完璧にすることを目指しましょう。辞書的に使いながら知識を深めていってください。

しかし、NEXTSTAGEの語法の部分は絶対必要です。
文法問題の何と7割は語法だと言われているのです!

長文対策(精読)

長文読解で一番基礎となるのが精読です。精読は推測や雰囲気でなんとなく英文を理解するのではなく、単語や文構造を的確に把握して日本語訳をするというものです。
マーク模試の長文問題だけでなく文法問題も正確に訳す訓練をしてみましょう。
暗唱でもOKです。
最初は大変かもしれませんが一文一文日本語訳が素早くできるようになると基礎力が付き、
速読への第一歩を踏み出せます。

長文対策(速読)

精読によって完璧に理解できた英文を、今度は何度も音読してみましょう
もちろん文構造や単語の意味を把握しながらです
徐々に読むスピードが速くなってくると思います
そしてスラスラ音読して読める英文の数を増やしていきます。
センター10回分を速読できるようにしてみてください。
あなたの速読力は格段にUPしているでしょう

リスニングで速読力UP!?

センター英語を受験する方はリスニングの勉強もすると思いますが、
そのリスニング力を鍛えれば鍛えるだけ、速読力はUPします!

リスニングの音声の速さで英文を理解できるようになれば
「時間が足りない!」というセリフを言うことはなくなるでしょう

英文を見ながらでもいいので音声の速さで文章を把握できるまで
繰り返し訓練しましょう
そして音読も欠かさずに行ったください
速読力が知らず知らずのうちに上がっていきます

リスニング対策は長文対策にもなるのです

まとめ

長くなりましたが、一番重要なことは
一度解いた問題を放置せず、何度も解きなおすということです
センター10回分ぐらいで週一回のペースがおすすめです

人は忘れやすい生き物なので、一度理解したものでも定期的に復習していきましょう

英語力UPに語彙力、文法、語法、精読は不可欠なので
すべて取り組んでください。

本番までにセンター10回分を自分のものにして
自信をもって本番に臨んでください。
自分の不断の努力が、絶対的な自身につながります

GOOD LUCK!!

Tags

現在、京都大学に在籍している3回生です。 また塾講師のアルバイトをしており、現在でも直に受験生と接しており、 どのような悩みを受験生たちは抱いているのかを把握し、常にそれらに対して回答してきました。 得意教科は英語、数学、日本史、国語です