2015年10月10日(Sat)12:12

成績を順調に伸ばすには!?勉強法の罠に気をつけよう!

Large 153d976d 3f53 47ca b2ce 8df0878aa264
成績が伸びないからといって勉強方法を変え続けるのは危険です。むやみやたらに変えるのではなくある程度絞ってやることが得策です。成績不振は冷静に分析すれば意外と他の理由ということもあります。人と比べすぎず自分が決めた勉強法を信じていくことが大切です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
1546 views

1.筆者の失敗体験談!

皆さんは志望校に合格するために頑張って勉強をしていると思います。 私も受験生時代は皆さんと同じような思いで勉強をしていました。 しかし私は勉強をしても成績が中々上がらないことに焦りを感じ頻繁に勉強法を変えていました。 その結果、勉強が中途半端になり成績が停滞してしまいました。

2.勉強法は絞った方が得策!

成績が伸びていかないと誰でも不安になり勉強法を変えようとしてしまいます。 しかしよほど効率が悪くなければどの勉強法も大差はありません。 むしろ変更を繰り返すほうが逆効果になってしまいます。 しばらくは自分で決めた勉強法を信じて頑張りましょう!

3.勉強法を変えたくなる悪循環を止めるには?

勉強法を頻繁に変えるのは良くないと分かっていてもつい変えたいと思ってしまう、そんな皆さんの気持ちはよくわかります。 実際に私もその一人だったからです。 今だからこそ分かるのですが成績が思うように伸びなかった時はその原因を詳しく分析してみてください。 きっと勉強法を変える必要はないと思います。

4.他人は他人、自分は自分

友達の成績は伸びていっているのに自分の成績は中々伸びない。 そんな状況は辛いと思います。 友達の真似をしたいと思うかもしれません。 もちろん真似すべき所もあるかもしれません。 でも人にはそれそれ自分にあったやり方がありますし、伸びるタイミングも違います。 自分を信じてください。 他人は他人、自分は自分です。

5.勉強法を模索するのは6月までにしよう!

今まで勉強法を変えることに関しては否定的な立場をとってきました。 しかし自分に合った勉強法を見つけることが大事なのも確かです。 遅くとも6月までにはある程度の勉強法を確立しておくのがベストです。 7月に入るとさらに余裕がなくなってきてしまうからです。

6.大丈夫!心配せずに頑張ろう!

頑張って勉強したのに成果が現れないと誰でも焦るもの。 そんな時は落ち着いて考えましょう。 やり方が悪かったのかそれともまだ勉強量が足りていないのか? 冷静に分析すれば確実に前進出来ます。 皆さんならきっと大丈夫! 心配せずに頑張りましょう!

Tags

受験時代は成績が思うように伸びず第一志望を諦め第二志望を受験するも不合格。 滑り止めで合格した現在の大学に通う1年生。 受験生には自分と同じ気持ちを味わせたくないという思いを持っている。