2015年11月02日(Mon)12:12

嫌いな先生にも質問にいくことが合格への近道!使えるものは使い倒そう!

Large 67646924 b195 4864 b17d 1bb9b9eae23e
「誰にも頼らない」なんてカッコつける必要なんてない。使える人やモノは何でも使った方がいい!今という時はもう二度と訪れないんだから。なりふりかまっている暇はない!せっかくのチャンスを逃したらもったいない!では、具体的には何を頼ればよいのか?下の①~③にまとめたので読んでくださいね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
117 views

①嫌いな相手でも、積極的にどんどん聞きに行って教えてもらう!

若いときに陥りがちな失敗として、「嫌いな相手から教わりたくない。」と意地をはって、教えてくれそうな人がいるのに、聞きに行かない。そして、わからないことをわからないままにして、実力を上げられないケース。実にもったいないです。嫌いな相手だろうが、使えるものは使ってしまえばいいじゃないですか。嫌いだったら、それ以上は深く付き合わなければよいだけです。先生でも友達でもご近所さんでも、あまり仲良くない相手だろうが、自分の受験にプラスになるなら、今は頼っちゃうべきです。

②塾や予備校などは、行けるならば行った方がいい!

これは家の経済状態にもよるものなので、無理にとは言いませんが、もし親御さんがOKしてくれるならば、行った方がいいです。専門家の力は絶大です。自分で学習するよりもはるかに効率的な学習ができます。あなたにとって最短コースの努力で合格できる道を示してくれたり、相談に乗ってくれます。きっとあなたの力になってくれます。

 この際に、気を付けるのは、経験の浅い学生アルバイト講師に相談しても、正しい回答が返ってこないこともあるので、そこの教室の責任者とかベテランの先生に相談したほうがいいです。もちろん若くてもしっかりしている人もいますが、ベテランの先生はそれまでにたくさん経験を積んできているので、最適なアドバイスをしてくれるはずです。

③落ち着いて勉強できる場所があるなら遠慮せず使わせてもらう!

学校の自習室があるなら時間いっぱい使えばよいし、近所の図書館が使えるならば、それでもいいし、ファーストフードやカフェでやってもよい。(長時間の勉強お断りという店もあるので注意)とにかく自分が落ち着いて学習できる場所を見つけたら、最大限使わせてもらおう。集中力は実は環境によって左右されやすいものなので、自分が集中できる場所というのは人それぞれ違う。自分にとって良い場所でたっぷり勉強できればそれが最善の方法なので、遠慮などはせず、どんどん使わせてもらおう。

最後に

上に書いたように、今という時間は二度と来ない。あとで「ああすればよかった」とか「遠慮しなきゃよかった」って後悔しても、取り戻すことはできない。あとで後悔することのないよう、やれることは全部やった方がいい。特に頼れる人やモノが近くにあるのに、頼らないなんて、もったいない。若いんだから、恥かいたっていいじゃない。年取ったらもっと人に頼りづらくなる。それに、世の中のほとんどの大人は、夢に向かって頑張っている若者に対して、絶対助けになってくれるはずだから。だって自分たちだって若いときに大人にたくさん助けられて、ここまで来たんだから。では、周りの人たちを信じて、周りの人たちにもっともっと頼って、自分の目標を達成できるよう頑張ってくださいね。幸運を祈ります。

Tags

学習塾で13年働いてきた中、多くの受験生・保護者様と出会い、接してきて、成功ばかりでなく失敗もたくさんしてきました。様々な経験から学んだことを伝えられたらと思います。