2016年01月14日(Thu)21:09

高校でやってた部活を大学でもできるの?

Large 007dd07e e9e5 4bda acf1 0bde0995823c
高校で部活に力を入れその活動を続けたいという人も少なくはないでしょう。また、趣味程度であるが今までやっていた部活を続けたいという人もいるでしょう。ただ大学に行ったら忙しくて出来ないんじゃないか、高校程真面目にできないんじゃないかと不安に思ってるかもしれません。そのような人への大学についての調べ方を提案します。
このエントリーをはてなブックマークに追加
1519 views

志望校を良く調べる(学部、学科編)

まず気になるのは、部活をやる時間があるのかという疑問。
これは入りたい学部、学科の忙しさを調べると解消されます。
多くの大学は毎日朝から夕方までずっと授業という事はなく平日でも授業が休みの日や授業と授業の間に休みがあります。
学年が上がることで授業が増えたり研究室でこもって研究し続けたり論文を書き続けることもでてきます。
これも学部、学科によっては程度が異なり夜は時間が確保できたり逆に日中時間が確保できたりと様々です。
授業のカリキュラムを前もって調べておくことやその学部、学科の特長も知っておくことで部活がどれくらいできるかわかるでしょう。

志望校を良く調べる(部活編)

次は部活についてです。
これもまず志望校に何の部活があるのかを大学のサイトで調べておくといいでしょう。
更に、その部活のサイトや成績を調べるとどのくらい力を入れているかがわかります。
がっつりやりたい人が趣味程度の部活やサークルに入ると物足りなさを感じると思いますし
趣味程度でやりたい人が真面目にやってるところに入るとついていけないことをあると思います。

志望校を良く調べる(部活番外編)

大学では高校の時と比べ物にならないくらいの部活やサークルの量があります。
一般的な野球、サッカー、バスケ、吹奏楽だけでなく
ボランティア、ケイビング、研究サークル、南米音楽、アニメ等
こんなのあるんだっていう部活やサークルがたくさんあります。

まとめ

前もって学部、学科、部活について調べておくことで
より明確な目標を持つことができ受験勉強への意欲も増すことでしょう!
部活は大学生活の質を上げ、人との関わりの機会も増え、いい社会勉強にもなるとも言えます。

もちろん将来の仕事の為に勉強することも大切ですが
学生でしか経験できないこともあるため良く考えてみましょう!

Tags

国立大医学部卒 現在作業療法士 受験の辛さを楽しさに変えたい!