2016年02月02日(Tue)21:09

【必見】受験生の皆さまへ!英語は武器ではなく道具である!

Large 4c445578 ac41 4c10 9ca6 c22f647145b2
私は英語が苦手でした。そんな私が外国航空会社の運航管理を担当しています。私生活においても仕事においても英語はmustです。受験生の皆さまへお伝えしたいことは、英語とは武器ではなく道具です。たった1つのコミュニケーション・ツールです。もっと気楽に取り組んで下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
1346 views

英語とは武器ではなく道具である

グローバル社会の今、もはや、英語が話せることは武器ではありません。道具です。
本来であれば、机上の勉強と合わせて英語圏の方から英会話を直接学ぶべきです。
しかし、受験生の皆さまには時間が限られています。そこで、どういったモチベーションで英語の学習に取り組むべきかを1つのヒントとしてお伝えします。

なぜ、英語を学ぶのか?目的は?

ただただ漠然と英語を勉強することは非効率です。
何かしらの目標を持ちましょう。
私の場合は「パイロットになりたかったから」です。
航空業界にはあらゆる業務がありますが、
パイロット、客室乗務員、カウンタースタッフ、運航管理、整備士など、
必ず英語との接点があります。

どのような志でも構いません。
「英語字幕と英語音声だけで洋画を見たい」
「大学で英語の研究をしたい」
せっかく英語を学ぶのであれば目的を持って下さい。



覚えている単語の数だけ気持ちに余裕が生まれる

「英語を話すためにはある程度の語彙力が必要です。」

私はこの言葉が嫌いです。
「ある程度」とは「どの程度」なのか。

言語の勉強は非常に抽象的です。
英語の試験には何かと何千語レベル、何万語レベルなどと抽象的な物差しがあります。

はっきりと申し上げますと、
「英語圏の方との英会話は、中学校卒業レベルでOKです。」

それ以上の語彙は、
あなたが将来歩む道に適した英語を学ぶべきです。

しかし、
それよりも先に受験対策の英語が待ち受けています。
受験対策の英語は、語彙力が勝負です。
覚えている単語の数だけ気持ちに余裕が生まれます。
文法については誰でも平等に勉強できますが、
語彙力だけでは個人差が激しくなります。

瞬間英作文はマスターしよう

本日の締めくくりです。

英語は記憶です。
何度も何度も勉強する必要があります。

これはあくまでも1つのヒントですが、
私は「瞬間英作文」を意識して英語を学習しました。

「瞬間英作文」とは、
思いついた日本語文を即、英文に変えることです。
せっかく英語を勉強するのであれば、
受験対策にも将来のためにも使える英語を習得すべきです。

ノートの使い方のヒントとして、
1.左側に日本語文、右側に英文を書いて下さい。
2.日本語文を黙読して英文を読み上げて下さい。
3.スピードが命です。すぐに読めなければ見ながら読んでも構いません。
これだけを毎日取り組むだけで絶対に変わります。

例えば、
goという言葉にはさまざま意味があります。
また、go on/ go intoなどいくつかのフレーズがあります。
それらを1ページにまとめれば、
効率的にgoという単語を覚えれることができます。

ぜひ、「瞬間英作文」にトライして下さい。

Tags

パイロットになるためアメリカへ航空留学、英語研究のため外国語学部卒業、外国航空会社運航管理担当、プライベートにおいても仕事においても英語と接点があるSAKURAと申します。私の知識や経験を活かすことができれば幸いです。何卒、宜しくお願い致します。