2015年10月28日(Wed)18:06

色の力を味方につけて効率アップ!勉強にお勧めのカラーセラピー厳選3色!

Large a7cab8bc f21a 4c2b 973f 88aff82fe89d
「カラーセラピー」という言葉を聞いたことはありませんか?カラーセラピーとは、”色彩の力を利用した心理療法”のことです。普段あまり意識していませんが、私たちの周りには様々な色が溢れています。そして、色は人間にいろんな力をもたらしてくれます。その力を利用することで、より効率よく勉強することも出来ます♪勉強する時にお勧めの色をご紹介しますので、ぜひ小物やインテリアに取り入れてみてはいかがでしょう☆
このエントリーをはてなブックマークに追加
1468 views

一般に受験生や勉強する時に最も良いとされる色は「青色」と言われています。青色には心身を落ち着かせ集中力を継続させる働き、力があると言われているからです。人によって集中できる色が必ずしも青色ではありませんが、青色が最も多くの人が落ち着いた気持ちになり、集中しやすいようです。なので、お部屋の壁やカーテンを青色にしてみてはいかがでしょう。

黄色は楽しい気持ちを引き出す色として知られていますが、左脳を刺激し、知性と判断力を高めてくれる色でもあります。朝起きてカーテンを開けたら、明るい日差しが降り注いできた時のように、頭がすーっと回転しいき、頭脳が明晰になっていくイメージです。勉強がはかどらず、沈みがちな気持ちの時におススメの色です。

赤色は情熱や興奮などの強いエネルギーを感じさせる色です。怒りや衝動を刺激するのでマイナスのイメージを持たれがちですが、昔から戦いや勝負の時には、気持ちを奮い立たせてくれる力がある色として好まれる色です。勉強するパワーを生み出す色にもなります。やる気を出したい時や、元気がなくてエネルギーを補充したいときにおススメの色です。

まとめ

色は、目から入って人の脳の中枢部分に伝えられ、無意識のうちに私たちに多くの影響を与えています。故に、色によって不安が和らいだり、明るい気持ちになったり、パワーがみなぎったりします。好む色によって気分や性格が見えるとも言われています。そんな色のパワーをインテリアや小物に取り入れて、より効率よく勉強されてみてはいかがでしょうか☆

Tags

自力の独学を主軸に、受講側として大手集団塾・町の私塾・個別塾・家庭教師を経験し、指導側として家庭教師と私塾のチューターを経験させてもらいました。教育心理学を学んでいたこともあり、未熟ですが私の経験の何らかが役に立てたらうれしいです。よろしくお願いします。