2016年01月12日(Tue)12:12

高校受験の塾選びってどうすればいいの?塾の選び方!

Large 81a13831 2717 4cce ad3e 1c585048bd50
塾を選ぶときに、マンツーマン、個別、集団、予備校どんな塾を選べばいいのでしょうか。月謝や学び方は調べて把握できても、いざとなると、どこに入塾するかを決めることは、簡単ではありません。必ずしも塾に行かなければならない訳ではありませんが、塾を選ぶ場合のポイントを考えてみたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
1700 views

塾選びのポイント

お子様のタイプで、塾を選ぶのも一つだとおもいます。
例えば、環境になれるのに時間が必要なお子様なら、マンツーマンか、個別を選ばれると安心して勉強に集中出来ると思います。個別型の良い点は、先生が生徒のフォローをしやすく、親からも伝えやすい点です。
また、受験に対しての緊張感や実感が薄いお子様なら、集団型の塾や予備校がおすすめです。集団型のいい点は、周りの受験ムードを、しっかりと感じられて、受験体制に入りやすい点です。

塾に入る時期はいつがいいのか

塾に入るタイミングは、早くから塾に入れば伸びるともいえないと思います。勉強でわからないことが増えて行くと後から取り戻すのは、確かに大変なことです。しかし、早くから入っている事だけで、安心して勉強をしない場合もあります。理想を言えば、本人の勉強のやる気が出て、自分から「塾に行きたい」と言い出した時がタイミングとしては、ベストでしょう。

何事も遅すぎることは決してない

コツコツ毎日、が理想ですが、「部活との両立が大変で、受験モードに変わるのが遅かった」と思われる場合でも、予備校は、秋位から、通塾生以外からも参加できる集中型の講習があります。土日だけのコース、冬休みの集中講習、受験前の最後の対策講習などあるので、ハードでも集中的に効率を上げる事が出来ます。

やらなかった、という後悔をさせない

このように、それぞれの塾のプランがあるので、「遅すぎた」と諦めずに、「不安を減らす手助けになる」お子様のタイプに合った塾の選択をされるのが一番だと思います。最後まで諦めないで努力する時間こそが、受験を通して得られる自信に繋がり、この先の人生において、必ず活かせる力になるでしょう。

Tags

3人の男の子の母です。今までの育児の経験を活かして、少しでもお役に立つ情報をお伝え出来たらと思います。