2016年01月02日(Sat)12:12

サークルってどんなもの?高校の部活との違い

Large 1551afb4 ffbb 4359 86c6 ada45ae6518f
サークルってどんな感じなのかな?受験生はやっぱり気になると思います。サークルがどういったもので、高校の部活とはなにが違うのか、書かせていただきました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
1592 views

まず初めにサークルと高校の部活とは半分同じで残り半分は違うものだと思ってください。まず何が同じなのか、顧問がいて部費があること、まずこれが一つに上げられます。

 顧問についてですが、まず高校の時の部活には絶対に顧問がいて、副顧問がいたと思います。それは大学でも同じです。大体のサークルには顧問と副顧問が居ます。ただここに少し高校との違いが出てきます。高校では顧問が指示を出して活動をするということが多かったと思います。そこまでじゃなくとも部長の作った指導案を承認するのは顧問であったり、指導案を一緒に考えたりすることがあったと思います。しかし大学はそのほとんどが学生同士でやります。指示を出すのも承認をするのも一緒に考えるのも全てが学生です。特に大学祭に関しては正しくそう言えます。全て学生が主体となってやります。

 さらに部費に関してですが、部費も高校の時同様に少額ではありますが、支給されます。しかしこれも違う点があります。それは一つに去年の分を繰り越して使う事が出来ます。ダンスサークルなど衣装を使うサークルは毎年毎年貯蓄しながら使っていたりします。そしてもう一つに大学祭で稼いだお金も部費として使うことが出来るということ。これは高校にもよるのかも知れませんが私のいた高校では文化祭で稼いだお金は学校に寄付だったので違う点とさせていただきます。

 この様に、長々と大学のサークルと高校の部活の違いを二つ話させていただきましたが、実際サークルとはどういったものなのか、簡単に特徴を述べたいと思います。一つにとても自由なものだと思います。学生達が自分達で作り上げるものなので、部員さえ集まれば極端に変で無ければ大体が設立されますし、希望をすれば大抵どんな活動でもできます。それだけでなくインカレと言って他の大学のサークルに入っても問題はありません。主体は学生なのです。そしてもう一つにサークルは本当に楽しいものです。好きなことが出来、やりたい事が出来る場所です。また様々な年代の方の話を聞くことが出来たりもします。先輩や後輩との繋がりの場になり、息抜きとしての場にもなります。それを私は楽しいと表現致しましたが、人それぞれ感じ方は様々だと思います。しかしきっとサークルは皆様のかけがえのないものになるのではないかと私は思っています。
興味があったら覗いてみてください。きっと入りたいサークルが見つかると思います。

Tags

管理栄養士の四年生大学に入りました二年の薔薇です。受験は推薦、センター、一般全て経験いたしました。高校二年の冬まで心理を受けようと思っていましたが大きな病気をしその経験から食の大切さに気づき食で人を元気にしたいと思って高校三年の春に文理転換しました。今はサークルで心理学を学べる所に入っています。