2015年12月26日(Sat)21:09

英単語の効果的な覚え方!英単語の記憶を定着させるには

Large b2a97388 acdc 40d1 80bc 20e68c056739
英語力を伸ばすためにはまず知っている単語を増やすことが大切です。しかし英単語というものはなかなか簡単に覚えられるものではありません。そこで今回は私も受験生の頃実践した方法をご紹介していきたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
1370 views

人間の記憶力とは

 一般的に人間は一度覚えたことの半分ほどを4時間後にはもう忘れてしまい、その後も少しづつ忘れていきます。つまり暗記したものは暗記した直後からどんどん記憶からなくなっていってしまうのです。

記憶に定着させるにはどうすればいいのか

 上記で述べたように4時間で記憶はほぼ半減してしまいます。ではどのような勉強方法が有効なのでしょうか。私が最も有効だと考える暗記方法は書き取りやCDを使った方法ではなくこの記憶したものが忘れられていく4時間をうまく使うという勉強方法です。私は覚えた英単語は4時間立つ前にもう一度復習しそこで忘れていたものはその時点でもう一度復習するという方法を実践していました。次項ではその具体的な方法を紹介していきたいと思います。

具体的な勉強方法

 色々と述べてきましたがいよいよ本題である具体的な勉強方法の紹介に移りたいと思います。まず自分のレベルに合っている単語帳を選びます。これは当然のことで言うまでもありませんね、単語帳以外の参考書・問題集にもいえることですが選んだ以上最後までやり切ってください!その単語帳の10~15個ほどの単語を一度どのような方法でもいいので自分の中で「覚えた!」言える状態にしてください。そして4時間以内のどこかの時点で単語テストを自分でしてみてください。この単語テストは自分が記憶したものと忘れているものを確認する程度なのであまりこだわる必要はありません。そしてこのテストで忘れていたものはもう一度暗記してみてください。3~4回繰り返すと自分の中で覚えにくい単語が出てくることもあります。その時は重点的にその単語を覚えてください。1日ごとに区切りをつけてやっていくことが大切になります、なかなか単語帳のページが進まないのはストレスとなり効率の低下を生み出しますので要注意です。2~3回テストを繰り返したページの単語は2、3日後にもう一度テストをしてみるのをお勧めします。

最後に

最後に常に言っていることを繰り返すことになってしまいますが、あくまでもここにかかれていることは参考程度にし、勉強を進めていく中で自分なりにアレンジしていくことを強くすすめたいと思います。最後まで読んでくださりありがとうございました。

Tags

都内私立大学に通う大学生です。自らの受験体験をもとに受験を考えている高校生のためになる情報をお伝えしていきたいと思います。