2015年09月12日(Sat)15:03

学びエイドって?出たばかりの学びエイドβ版を使ってみた!特徴は5分授業!?

Large 3645b04c e7e0 4d9d b2ae 033d9416a90c
受験生のみなさんは学びエイドをご存知でしょうか。学びエイドとはWebで「鉄人」予備校講師の授業が受けられるサービスです。しかも今なら無料で受けられますよ。今回はまだβ版ですが、学びエイドを利用してみました。学びエイドを使って大学受験を突破しよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
4004 views

授業

学びエイドは、無料で授業を見ることができます。
これだけ読むと他と大した違いはないのでは、と感じられるかもしれませんが、そこの授業に大きな特徴があります。
サイトには「鉄人授業」と銘打たれているように、授業は経験豊富な予備校教師によるもの。
と言っても、これは他の学習用アプリと変わらないのではと感じるかもしれません。
もっとも特徴的なのが、5分間に絞られた授業。
なんと、講師の顔すら出ない形になっています。
他の学習用アプリは単純な授業の映像化ですが、学びエイドは映像授業に一工夫されています。
講師の顔が出ないことで、講師のパフォーマンスなどを無駄に感じている人にとってはポイントに絞られたもので効果的かもしれません。
逆に、講師のパフォーマンスなどを見て楽しみながらやりたい、という人にとってはモチベーションが上がらないことにつながる可能性も。

現在はβ版ということでまだ作成途中の授業も多いです。
また、それぞれの授業のレベルがどの程度なのかもう少し分かりやすいものだといいな、とも感じます。
しかし、有料コンテンツとして志望大学別の授業を現在準備中ということで、まだまだ様々発展していくことに期待ですね。

その他の機能

個人的に便利だと感じたのが、検索機能です。
よくわからないワードが出てきた場合、そのワードを検索することでピンポイントで解決することができます。
この機能があることで、5分間の授業というのが生きてきますね。
短い時間で疑問を解決できるため、参考書を進めながら疑問点を検索して解決する、という進め方もいいかもしれません。

学習管理で、どのくらい進んでいるのか見えるというのはよくある機能ですね。
他には、チームチャットができるというのが特徴的かもしれません。
友人とチャットをすることで励ましあいながらできるとのこと。
友人と一緒にサービスを始めてみる、というのはアリですね。

また、マイ鉄人という機能も。
自分に合っている講師がいれば、その人の他の授業をすぐに見つけて受けることができます。
現状授業が整っているとは言えない状態ですが、今後授業が増えていくごとに重要になる機能だと思います。
また、受験生にはあまり関係ないかもしれませんが、授業を投稿する、という機能もあります。
受ける側からすれば、これが充実していけば受ける授業の選択肢の幅も広がりますし、本当に予備校いらずで進めることができるようになるかもしれません。

まとめ

現在β版ですので、まだこれだけを使って受験に向かう、というには正直不安が残ります。
しかし、検索機能と5分間授業というものを組み合わせて、自分が苦手なところを解決するために使う、といった形うまく活用できれば便利なサービスではないでしょうか。
5分間授業ですので、同じ単元でもこの講師の方が自分に合っている、といった形で選ぶのにも時間がかかりません。
今はβ版で使える機能はすべて無料で利用できます。
実際に自分で登録してみるといいかもしません。
また、学習用アプリの記事の度に書いていますが、本当に自分自身でしっかり進めて、定着しているのか点検するようにしてください。
合格するのはあなた自身です、頑張ってください。

Tags

首都大学東京卒。日本の教育格差をなくすため千葉県の大学受験予備校を運営しています。 現場で生徒・保護者とふれあう中でよく聞く話を記事にしていきます。